カテゴリ:未分類( 73 )

<JR西>緊急停止装置外し運行 点検後に再設置怠り(毎日新聞)

 JR西日本が昨年12月から今年1月にかけ、運転士に異常が起きた際の緊急列車停止(EB)装置が機能しない列車2編成を運行させていたことが分かった。車両点検に伴い、いったん装置を取り外しながら、その後、再設置を怠るなどしていた。EB装置はJR福知山線脱線事故(05年4月)をきっかけに導入が義務化されたが、今回の2編成のうち1編成は事故のあった路線を走っていた。JR西は事態を重視し、点検内容を見直すなどの対策に乗り出した。【鳴海崇】

 EB装置は、急病や居眠りなど運転士に不都合があった場合に列車を止めるシステム。運転士が列車の操作を1分間行わない場合に警報ブザーが鳴り、5秒間操作がなければ非常ブレーキが作動する。福知山線事故を契機に国土交通省が省令を改正し、06年7月から設置を義務付けた。JR西は、現在、約85%の整備を終えている。

 今回不備が発覚したのは、装置を整備済みの2車両。うち1車両は昨年12月18日〜今年1月4日、京田辺(片町線)−宝塚(福知山線)間で、普通電車の先頭車両として運行。車両点検で一時的にEB装置を取り外したが再設置をしていなかったという。非常時にボタン一つで列車を停止し、付近の列車に停止信号を出す「TE装置」と速度検出装置も併せて外されていた。検査日誌などの書類には装置を外した記載がなく、作業内容が十分に引き継がれていなかったのが原因とみられる。

 また、もう一つの車両は昨年12月28日〜今年1月13日、城崎温泉−豊岡(山陰線)間の普通電車として運行されたが、速度検出器のスイッチが切られており、連動するEB装置が作動しない状態だった。この間に車両点検は計6回行われたが、速度検出器のスイッチの状態は確認の対象外だった。

 JR西広報部は「EB装置義務化の発端を作った会社が、自ら装置の不具合を看過してしまい、誠に申し訳ない」としている。

【関連ニュース】
【写真に残る事故の悲惨さ】EB装置導入のきっかけとなったJR福知山線脱線事故
<福知山線脱線事故>遺族らJR西に一律賠償金を要求へ
<福知山線脱線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決
<福知山線脱線事故>JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
<福知山線脱線事故>検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁

バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
首相動静(3月31日)(時事通信)
<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)
<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-04-06 00:27

【from Editor】邦夫さんたち、違うだろう(産経新聞)

 その大物政治家の代名詞は「ハッシュパピー」といった。子犬のマークで知られる、このブランドの靴を愛用しているのだと知り、飾り気のない態度に似合っている靴だな、と妙に納得したものだ。

 英保守党下院議員のケネス(愛称ケン)・クラーク氏。氏には、教育・科学相だった20年ほど前、ロンドンでインタビューした。まだ、経済成長が最後の輝きを放っていたころの日本の各地で、それを下支えしている教育の実情を視察して、帰国した直後だった。

 会見には、上昇株の彼が首相の器か否かを探る目的もあった。氏は日本流教育の強みと弱みを英国とも比較しつつ的確に分析・評価し、会見全体を通じて指導者の資質がうかがえた気がした。北陸の学校で英語の授業を視察した際、英語国の人間がいるのだからと生徒たちとの対話を申し出て、先生に断られた、と苦笑交じりに語っていたのが印象に残っている。

 氏はその後、主要閣僚の内相を経てナンバー2の財務相に就く。議会答弁で議場を沸かし、党大会などの演説で聴衆を鼓舞するという党内屈指の討論、弁舌のさえを見せたのもそのころだった。保守党はしかし、1997年総選挙で歴史的大敗を喫して野に下る。

 ガタガタになった党を立て直すには氏をおいてない、と見た。だが、保守党に吹き付けたすさまじい逆風の下で生き残った議員たちには強固な保守地盤を選挙区とする党内右派が多く、親欧州で党内左派の氏には端(はな)から不利だった。

 同年、2001年、05年と3度の党首選に出て敗退する。それでも、“ハッシュパピー・ケン”が党を割ることはなかった。そして今、久々に「影の内閣」入りし、党は5月と目される次期総選挙で13年ぶりに権力に手が届く所まで来ている。氏だけではない。政治家は路線改革を掲げて党内で戦うのであって、離党して新党を作るなどまずない世界なのである。

 翻って、日本の自民党では、昨夏の総選挙前の離党−新党旗揚げに続き、今また、鳩山邦夫元総務相が新党結成に向けて飛び出し、与謝野馨元財務相らの動きも微妙だ。最大野党として政権奪還を目指して結束すべきときに、沈没船から逃げ出す何とやらである。

 世界的に有名なイタリアの政治学者、サルトーリは1976年の著書、「現代政党学」(邦題)で派閥や後援会などにより日本の政党が「破片化」していると指摘した。以来30年余りたっても「破片化」とは愕然(がくぜん)とするほかない。(外信部長 西田令一)

停電の原因ケーブル、駅構内無線ネット用(読売新聞)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
JR西、第三者機関で監視を=賠償交渉で遺族要求−福知山線事故(時事通信)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-04-01 05:09

元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に−さいたま地裁(時事通信)

 元厚生事務次官連続殺傷事件で、殺人などの罪に問われた無職小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後、さいたま地裁(傳田喜久裁判長)で開かれる。当時の厚生省のせいで飼い犬を殺されたと思い込み、元同省次官ら3人を殺傷した凄惨(せいさん)な事件。検察側は死刑を求刑している。
 小泉被告は昨年11月の初公判で、起訴事実を大筋で認める一方、「自分が殺したのは邪悪なマモノ。無罪を主張する」と殺害を正当化。その後の公判では「2日間でできるだけ多くのマモノを殺そうと思っていた。死刑は確定しています」などと発言していた。
 検察側は「34年ほど前に飼い犬が殺されたと思い込み、復讐心から事件を起こした。何ら正当性がない理不尽な犯行で酌量の余地はない」と指摘。精神状態に問題はなかったとの鑑定結果が出ているが、弁護側は「(小泉被告は)事件当時、心神耗弱状態にあった」とし、自ら出頭したことなどを考慮して死刑は回避すべきだと主張している。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加
安重根の遺骨収集へ協力を=処刑100年で日本に要請へ
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で鳩山首相ら献花

<伊勢湾フェリー>9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
EXILE事務所1億円以上所得隠し 東京国税局指摘(産経新聞)
特養の介護職員、医療行為の一部容認へ(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-30 01:56

国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)

 1985年に豪華な副葬品の大量出土で全国的に有名となった国の史跡・藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)。中でもとりわけ注目を集めた馬具「金銅製鞍金具」(国宝)が、「斑鳩文化財センター」で公開されている。地元での展示は18年ぶり。
 展示されているのは、同古墳の出土品(約3万点、いずれも国宝)のうち、金銅製鞍金具(前輪と後輪)、金銅製辻金具など62点とレプリカなど計87点。普段は県立橿原考古学研究所付属博物館(奈良県橿原市)が保管・展示しており、金銅製鞍金具は同町では92年4月に4日間特別公開されただけだった。
 同センターは、同古墳や斑鳩の歴史文化の紹介・情報発信施設として20日にオープン。小城利重町長は「多くの人に藤ノ木古墳をはじめとした斑鳩町の素晴らしさを認識してほしい」と話している。国宝展示は28日まで。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市
〔地域の情報〕「おやきを食す日」制定=長野
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示−消費者庁(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-27 17:43

「先祖返りだ」郵政改革法案に自民が反発(産経新聞)

 自民党の大島理森(ただもり)幹事長は24日の記者会見で、政府が発表した郵政民営化を見直す「郵政改革法案」について、「まさに『民から官へ』の郵政先祖返り法案だ」と述べ、強く批判した。

 大島氏は、政府案について「5年前、多くの民意をいただき成立した郵政の完全民営化路線を真っ向から否定するもの」と指摘。党内が法案への反対でまとまるかとの質問にも、「そういう見通しを持っている」と強調した。石破茂政調会長も政府案を「とても容認できるものではない」と批判した上で、党内の意見集約を急ぐ意向を示した。

 党内には、舛添要一前厚生労働相が会長を務める「経済戦略研究会」など郵政民営化の徹底を求める意見がある一方、民営化法案に反対して離党し平成18年末に復党した議員を中心に、民営化見直しに好意的な声もある。

 昨年12月の日本郵政株式売却凍結法案採決の際は、自民党は「審議拒否中」だったため、党としての態度表明をせずに済んだ。石破氏は24日、「(党内の議論に)大きな齟齬(そご)があるとは思っていない」と強調したが、意見集約が容易に進むかどうかは不透明だ。

【関連記事】
郵政改革基本法案を正式発表 民業圧迫批判に配慮 政府出資3分の1超
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
生保協会長、郵政事業拡大に反対表明
「郵政改革法案、早期提出」 亀井郵政改革担当相
あれから、15年 地下鉄サリン事件

民主党、午後の役員会、常任幹事会 小沢幹事長会見を夕方へ延期(産経新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
車が電車に接触、逃走…乗客3人のうち2人けが(読売新聞)
センバツ 「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
分量間違え製造、大洋薬品高山工場を業務停止へ(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-26 11:08

「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕(産経新聞)

 18歳未満と知りながら男子中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課と板橋署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、静岡県立特別支援学校教諭、青嶋豊(51)=浜松市浜北区尾野、派遣社員、奥野克征(かつゆき)(40)=東京都豊島区巣鴨=の両容疑者を逮捕した。

 同課は2人の自宅から少年の裸が映ったビデオを押収し、画像解析を進めている。青嶋容疑者は「男子生徒に会った瞬間、興味を持った。悪いことと知っていたが欲求を抑えられなかった。わいせつ行為は3回した」と容疑を認めている。

 青嶋容疑者の逮捕容疑は、今年1月中旬ごろ、奥野容疑者の自宅マンションで、都内に住む公立中学1年の男子生徒(13)に現金1万円を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとしている。

 同課によると、奥野容疑者は男子生徒の兄=当時(16)=から紹介を受け、昨年10月ごろから男子生徒を自宅に呼んでわいせつな行為を繰り返していた。昨年10月には、知人だった青嶋容疑者に男子生徒を紹介。青嶋容疑者は奥野容疑者にわいせつ行為1回につき4万円を支払い、男子生徒はこのうち1万円を受け取っていたという。

 今年1月中旬ごろに「男子中学生をビデオに撮っている男がいる」と情報提供があり、警視庁が調べていた。

 静岡県教育委員会の話 「このような事態が起き、誠に遺憾。事実確認をした上で厳正に処分したい」

【関連記事】
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
「寒いから中で話を」63歳男が男子中学生2人にわいせつ行為
被害の女子高生らが“逮捕” 痴漢で東京都渋谷区職員
男子中学生の下半身トイレで触る わいせつ高校教師に有罪判決 水戸地裁
中学生なら男子でも女子でも…下半身露出の塾経営者

「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)
<国際協力銀行>先進国にも業務拡大 高速鉄道で意見募集(毎日新聞)
江戸川で瞬間風速35メートル…東京で暴風(読売新聞)
会社の寮など全半焼、3人死傷…埼玉(読売新聞)
ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-24 05:13

<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)

 門司港レトロ観光列車「潮風号」(定員100人)が13日、北九州市門司区の門司港レトロ地区で今シーズンの運行を開始した。午前10時、JR門司港駅近くの九州鉄道記念館駅を出発した。

 運行は2年目。海峡を臨む2.1キロを約10分かけて走る。今年から終点の「関門海峡めかり駅」周辺に新たな観光スポットもオープン。国内最大級のたこ型滑り台がある芝生広場▽運送会社の車庫を利用した市場▽展示列車を利用したカフェ−−がある。

 運行は11月28日までの土日祝日。春・夏休み期間やゴールデンウイークは毎日運行する。【長谷川容子】

【関連ニュース】
門司港レトロ観光列車:終点に新観光スポット /福岡
めかり潮風市場:地産地消“食”スポット、13日にオープン /福岡
きのうの夕刊から:JR門司港駅の駅舎に亀裂
話題:お座敷文化も復活を/佐賀・嬉野から芸者衆/門司港
北九州・門司港駅:老朽の駅舎、改修を シロアリ被害や腐食、JR九州など協議

無料博物館めぐりはいかが?(産経新聞)
<札幌7人焼死>用途変えず開業か 防火審査の機逸す(毎日新聞)
みんなの党 じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)
【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(1)われは秘密軍事顧問なり(産経新聞)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-19 15:56

無料博物館めぐりはいかが?(産経新聞)

【お財布術】「無料博物館」編 

 事業仕分けで有名になった陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」(東京都練馬区)のように、無料で楽しめる博物館が人気を集めている。公的な施設だけでなく、企業が運営する施設でも見応えある無料博物館が多くあるから見逃せない。レジャーにお金はかけられないけれど、新たな知識を身につけたいという人は、無料博物館めぐりをしてみてはどうだろう?(道丸摩耶)

 ≪発明や研究を学ぶ≫

 フロアにずらりと並ぶ椅子(いす)、椅子、椅子…。家具製造販売の岡村製作所(横浜市西区)が昨年2月に開設した「オカムラいすの博物館」(東京都千代田区)は、半世紀以上に渡る同社のオフィス用椅子の進化が分かる博物館だ。

 一企業の博物館とあなどるなかれ。椅子の変遷は、戦後日本のオフィスの変遷そのもの。当初は丈夫で長持ちするスチール製が中心だったが、デザイン性や人間工学を取り入れ、最近は長時間のパソコン作業にも疲れない設計が中心となってきた。

 体格や作業内容に合わせて自分にぴったりの椅子を調べる計測器も設置。説明を受けながらすべての椅子に座ることができ、気が付けば2時間がたっていた。

 博物館開設には「昔の椅子は今集めないと消えてしまう」(浅田晴之主任研究員)という資料収集の目的もある。開館は平日のみ。予約制で派手な宣伝はしていないが、「椅子はこんなにも考えられて作られていたんだ」と驚きの声が多く寄せられている。

 ≪職業選択の場に?≫

 公的機関による博物館も負けてはいない。

 警視庁の広報施設「警察博物館」(中央区)では、警視庁のマスコット「ピーポくん」と白バイがお出迎え。立地もよく、家族連れやカップルが立ち寄ることも多い。

 「平日は2百人、休日となると8百人くらいが来てくれます。警察官の制服を着て写真を撮れるコーナーは子供に大人気です」と語るのは警視庁広報課の町田守警部。資料の展示だけでなく、警視庁に関するゲームやクイズも楽しめる。記者もモンタージュ写真を作るゲームに挑戦したが、結果は「40点」と落第すれすれ。子供の前で威厳を保ちたいお父さん、お母さんは、事前に予習しておいた方がいいかも。

 ゴールデンウイークなど休み期間中は、警察犬や騎馬隊などを迎えてイベントを行うこともあるという。

 いよいよ春休み。子供と一緒に無料博物館に行くのも楽しそう。ただ、事前予約制の施設もあるので行く前に必ず確認を。

【関連記事】
マイルもたまる、単身者向け「引っ越し」お得プラン
「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて
不景気逆手にヌーボー楽しむ
【EX GENERATION】モンゴルの至宝の数々に感動
ハプスブルク帝国ゆかりの品々、一堂に 神戸で美術展
20年後、日本はありますか?

ベール脱いだ特別高度工作車 消防ファン必見!水圧で鉄扉切断だぁ(産経新聞)
<医療費回収不能>小樽市職員が自費で補てんへ(毎日新聞)
<トキ>9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間(毎日新聞)
官房長官、地デジ移行の質問に「いやなこと聞くね」(産経新聞)
禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で−赤松農水相(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-18 02:43

スカートの下にカメラ入れる、巡査を現行犯逮捕(読売新聞)

 神奈川県警は15日、千葉県警成田国際空港警備隊の巡査宮脇拓也容疑者(27)を神奈川県迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、宮脇容疑者は15日午後6時40分頃、横浜市栄区笠間のゲームセンターで、写真シール作製機で撮影していた女性の背後から、スカートの下にデジタルカメラを差し入れた疑い。男性店員(47)が気付いて取り押さえた。

 宮脇容疑者は2008年4月から神奈川県警から千葉県警に出向中で、同日は休暇で、横浜市内の実家に帰省していた。

新潟副知事に国交省の大野氏(時事通信)
<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長(医療介護CBニュース)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-16 18:35

黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)

 佐賀県伊万里市の財団法人「黒澤明文化振興財団」(黒澤久雄理事長)に、九州の建設業者約20社から寄付された3千数百万円が財団の口座に入金されず、不明になっていることが6日分かった。

 財団によると、1999年の財団設立直後、計画に携わった企画会社の元役員(故人)と黒澤理事長が、長崎や宮崎の建設業者に対し、伊万里市に「黒澤明記念館」を建てるための寄付を依頼。寄付金は企画会社の口座に振り込まれたが、元役員の死亡後は所在不明になっているという。

 財団を巡っては、同市に「保管している」と説明していた別の寄付金約3億8800万円の大半を、記念館建設までの仮施設の運営に使い果たしていたことが明らかになっている。

 黒澤理事長は建設業者の返還要求に応じて寄付金を返済中という。

奈良県警警部補、組員に捜査情報漏らした疑い(読売新聞)
<酒気帯び運転>三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
普天間移設 首相「今月中に決断」 来月のオバマ会談視野(産経新聞)
<カネミ油症>民主、被害者救済の法制化を検討(毎日新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-12 00:01