米国車700台にエコカー補助=簡易制度の輸入車に特例−政府(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は19日、記者会見し、エコカーの購入補助金制度を一部見直すと発表した。年間2000台以下を条件とした簡易輸入制度の該当車でも、一定の要件を満たせば同日から補助対象とする。これにより、米国車3〜4車種、700台弱が新たに対象になると推計されるという。
 日本の補助制度に対しては、米議会などで「米国車を排除している」との批判があり、日本側としても一定の配慮を示した。同相は「政治問題でなく、経済問題として対応した」とした。 

【関連ニュース】
【動画】電気スポーツカー「テスラ・ロードスター」
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
ルノー・日産連合、EV促進でスペイン・アンダルシアと協定
三菱自、電池パック組み立てを水島に移管=アイミーブ販売本格化控え効率化
パナソニックと電気自動車用次世代バッテリー共同開発=米テスラ〔BW〕

教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで−足立区教委(時事通信)
ハイチ大地震 自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
「拙速な可視化よくない」=法案提出をけん制−国家公安委員長(時事通信)
過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ−与野党合意(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-01-26 00:34
<< 小沢氏の共謀が焦点、土地疑惑の... 警察官の長男、父親の拳銃で自殺... >>