<最高裁>「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)

 15日付で最高裁判事に就任した前東京高裁長官の白木勇(ゆう)氏(64)が最高裁で会見し「公平、誠実を旨として気力、体力を振り絞って職責を果たしたい」と抱負を語った。

 約40年の裁判官生活では、主に刑事裁判を担当してきた。「裁判長になって裁判をすることへのおそれを強く抱くようになった。今後も同じ気持ちを持ち続ける」と語った。

 裁判員制度については「順調に船出できたが今後、本格的な否認事件や複雑な事件の裁判が始まる。真価が問われるのはこれから」と述べた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き
量刑検索システム:誤入力新たに19件 10件が判決主文
裁判員制度:対象事件で1212人起訴
東京地裁:民事訴訟最多4万4千件 過払い金請求が急増

<浅草リトルシアター>若気芸人に舞台無料開放(毎日新聞)
普天間、5月結論に理解を=米上院議員と会談−鳩山首相(時事通信)
<龍馬伝>長崎にドラマ館 9日オープン(毎日新聞)
枝野氏 首相補佐官に…行政刷新担当 「反小沢」代表格(毎日新聞)
日航株がストップ安売り気配=上場廃止、100%減資濃厚で(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-01-15 22:51
<< 副大臣ら15人増の方針決定=首... 小沢氏「国民が理解したから政権... >>