黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)

 佐賀県伊万里市の財団法人「黒澤明文化振興財団」(黒澤久雄理事長)に、九州の建設業者約20社から寄付された3千数百万円が財団の口座に入金されず、不明になっていることが6日分かった。

 財団によると、1999年の財団設立直後、計画に携わった企画会社の元役員(故人)と黒澤理事長が、長崎や宮崎の建設業者に対し、伊万里市に「黒澤明記念館」を建てるための寄付を依頼。寄付金は企画会社の口座に振り込まれたが、元役員の死亡後は所在不明になっているという。

 財団を巡っては、同市に「保管している」と説明していた別の寄付金約3億8800万円の大半を、記念館建設までの仮施設の運営に使い果たしていたことが明らかになっている。

 黒澤理事長は建設業者の返還要求に応じて寄付金を返済中という。

奈良県警警部補、組員に捜査情報漏らした疑い(読売新聞)
<酒気帯び運転>三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
普天間移設 首相「今月中に決断」 来月のオバマ会談視野(産経新聞)
<カネミ油症>民主、被害者救済の法制化を検討(毎日新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-12 00:01
<< スカートの下にカメラ入れる、巡... 療養中の妻放置・衰弱死させた自... >>