療養中の妻放置・衰弱死させた自衛官を懲戒免職(読売新聞)

 海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)は10日、病気療養中の妻(当時39歳)を放置して衰弱死させ、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された徳島県松茂町、徳島航空基地隊の山本久1等海曹(44)を懲戒免職処分にした。

 発表によると、山本1等海曹は昨年3月、自宅で寝たきり状態だった妻に十分な食事を与えずに死なせ、5月まで遺体を放置した。山本1等海曹については17〜19日に、徳島地裁で裁判員裁判が開かれる。

2ちゃんねる攻撃の韓国コミュニティー 加入者10万人超に(産経新聞)
<ひき逃げ>新聞配達の63歳女性死亡 乗用車は逃走 兵庫(毎日新聞)
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に(産経新聞)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)
両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-10 14:33
<< 黒澤明財団、寄付金3千数百万円... 事務機器入札、空自隊員が官製談... >>