福知山線事故で初の整理手続き=JR西前社長、否認の意向−神戸地裁(時事通信)

 乗客106人が犠牲になった2005年のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本の前社長山崎正夫被告(66)の第1回公判前整理手続きが5日、神戸地裁(岡田信裁判長)で開かれた。
 公判前整理手続きは同日以降、非公開で複数回を予定。被告側は今後の整理手続きで、「現場カーブの危険性は予見できなかった」などとして、公判で起訴内容を否認する意向を明らかにする方針。公判期日は未定。 

<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
チリ大地震 日本、2億7千万円上限の緊急無償資金協力へ(産経新聞)
保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ(産経新聞)
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?(産経新聞)
入れ歯安定剤の販売中止、長期使用で副作用(読売新聞)
[PR]
by rc1opyfy8q | 2010-03-07 15:51
<< 事務機器入札、空自隊員が官製談... 学習院が会見「直接暴力行為はな... >>